わきがクリームを選ぶ際のポイントとは?

数あるデオドラント製品の中でも、特にわきがに効果的であるという噂のクリームタイプ。

貴方はわきがクリームを選ぶ時、どんなポイントを重視しているでしょうか?

わきがクリームを選ぶ際には、実は粘度と香りが重要です!

何故わきがクリームに粘度と香りが重要なのか、今回はそのポイントについて解説します。

その中でも、今一番人気のあるクリアネオについて詳しく解説しているサイトもありますので、クリアネオだけについて詳しく知りたい方は「クリアネオの効果と口コミ!通販の最安値は公式?Amazon?楽天?」をご覧になれば良いかと思います。

s-7

重要なのは粘度! 粘度によって大きく制汗効果が違います

わきがクリームを選ぶ際に最初の基準となるのは、クリームの粘度です。

何故クリームの粘度を重要視するかというと、わきがクリームは粘度によって、汗を抑える制汗効果、持続時間が大きく違ってくるからとなっています。

わきがクリームの種類にもよりますが、粘度が高くなると、脇に長くクリームが残り続けてくれるため、汗を長時間抑えてくれるようになるでしょう。

また、粘度が高いという事は、汗を抑える制汗効果が相対的に高くなります。

クリームが肌を綺麗に覆ってくれるため、わきが特有の汗の臭いを強烈なまで抑えてくれる、手放せない頼れるパートナーとなるでしょう。

ただ、わきがクリームの粘度は、クリームの粘度が高ければ高いほど良いという訳ではありません。

あまりにも粘度が高すぎると、クリームが肌に伸びないため、コストパフォーマンスが悪いという欠点を抱えて使う羽目になります。

新しいわきがクリームを使う際には、脇に付ける前に、一度クリームを手のひらや手の甲で伸ばしてみて下さい。

使おうとしているクリームの粘度を知れば、脇に付ける量、広がりやすさ、汗と臭いを抑える効力が把握できるようになるでしょう。

クリームの臭いは重要、けど重要なのは無香料である事!

わきがクリームを選ぶ際は、クリームの臭いが重要です。

でも、クリームの臭いといっても、嗅いでリラックスできる臭いとかではありません。

クリームに臭いが付いていないというポイントが重要なのです!

でも、何故わきがクリームに臭いが付いていない方が良いのでしょうか?

理由は簡単、わきがクリームは、他のデオドラント製品であるスプレータイプやロールタイプと比べて、脇に付ける量が多いからです。

脇に付ける量が多いという事は、クリームに含まれている大量の香料が脇で香り続けます。

もし、激しい運動をしてしまった際、脇に付けたクリームの効力が切れて、クリームの香料とわきがの臭いがミックスされると…説明しなくても想像を絶する状態が発生するでしょう。

そのため、わきがクリームを選ぶ際には、パッケージに無香料と表記されている物を選びましょう。

製品によっては、無香料と書いてあっても、ハッカといった香料が入っている可能性もあります。

しかし、その香料はクリーム独自の嫌な臭いを消すためであって、他人に臭うほどの香料は含まれていません。

安心してわきがクリームを使いましょう。

わきがクリームを選ぶ際には、クリームの粘度と無香料であるというポイントを頭に入れて品定めをして下さい。

自分にピッタリなわきがクリームを見つけると、より活発的に、より解放的に生活が送れるようになるでしょう。

最近のファッションの傾向

ふらっと、買い物に出掛けたときのことです。

ウィンドウショッピングをすることが好きな私は「こんな着こなし方があるんだ〜」とキラキラと華やぐお店のマネキンを見ては、胸を躍らせていました。

しかし最近は、以前のようなワクワクとした、ときめきのようなものが感じられなくなったなぁ…と思います。

数多くお店はあるものの、どの店頭のマネキンも、色使いや形、コーディネートがさほど変わらない印象を受けました。

お店に入っても、着こなし方の説明が、「今期のトレンドは…」と合わせる組み合わせに遊びがなく、マニュアル通りの説明を受けている感覚でした。

ファッション雑誌を見ても、トレンドの着こなし、合わせ方はほとんど変わらず、各雑誌の「色」というものが少なく、保守的な印象を受けました。

街を歩いていても、雑誌からそのまま飛び出してきたような格好の人が多く、「あれ⁇さっきもすれ違ったような…」ということがよくありました。せっかく素敵な顔立ち、スタイルをお持ちなのに、良い意味の個性が光らないような気がして、勿体ないな、と感じました。

世の中には、様々な体型、髪型の人がいて、色々な年齢の人がいます。

雑誌やトレンドという「教科書」に縛られるのではなく、あくまでそれは参考資料で、自分の体型や年齢を活かしたファッションをすると、視野も広がり、選択肢も増え、もっとオシャレをする楽しみが増していくのではないかと思います。

もっと自分を知って、自信を持って過ごせるような考え方に、世の中がなっていけばいいのにな、と私は思います。

しわやたるみを予防するにはどうするか

女性はいつまでも綺麗でいたいと思う人が多いようです。

しかし、加齢によって、身体の細胞も老化していきますので、どうしても身体に老いを感じることもあるのではないでしょうか。

特に顔はとても歳が出やすいものですので、普段から気になるものです。

アンチエイジングでも、顔を重点的に行う人がほとんどであり、出来るだけ若く見えるように、化粧などに時間を掛ける人もいます。

けれど、厚化粧を繰り返すことで、落としきれなかった顔の汚れも蓄積され、しわやシミなどの原因にもなることがありますので、注意するようにしましょう。

そのため、化粧で誤魔化すよりも、普段からしわやたるみを予防する事が大事です。

しわやたるみが出来る要因としては、加齢によって、女性ホルモンが少なくなることで、肌の弾力が少なくなることも関係しています。

このようなことから、しわやたるみを少なくするには、食べ物にも気をつけましょう。

女性ホルモンと似た成分が含まれる大豆などは、出来るだけ毎日取るようにしましょう。

味噌汁などは、簡単に飲むことが出来ますので、女性ホルモンを手軽に補充出来ます。

また、野菜や果物でフレッシュジュースを作り、毎日飲むようにすれば、酵素も一緒に取れますので、アンチエイジングが気になる人にもおすすめです。

財布は二つ折りの財布と小銭入れの併用が便利

男性は、財布を上着やズボンのポケットに入れている人が大多数ですね。

やはり機能性で便利なものは、持ちあるきがかさばらない二つ折り財布です。

好みにもよりますが、小銭入れを別にして、使い分けをしている方も多いです。

ちょっと仕事中に自販機で飲み物を買いに行く時等は、小銭入れで十分ですから、小銭入れはポケットに入れているけれど、メインの財布はカバンや机にしまっているという人もいます。

さて、メインの二つ折り財布に関しては、小銭入れが着いてない分カードが余分に収納できる、できればソフトタイプではなくハードタイプの革財布のほうが長持ちする感じがあります。

もちろん使い方にもよりますが、どのメーカーのものでも、経験から言ってソフトタイプの革だと、ポケットから頻繁に出し入れしていると半年も経たないうちに見栄えが悪くなることが多いです。

財布は、時計、靴と並んで結構なにげに目に付くアイテムですから、あまりくたびれたものを使い続けるのはお勧めしません。
ある程度劣化してきたら、買い替えをお勧めします。

小銭入れに関しては、ふたを開けると全部中身が見える箱型に開くものと、ファスナーのものに大きく分かれます。

どちらが使いやすいかは、慣れもあると思いますが、個人的にはファスナータイプで仕切りのあるものがお勧めです。

小銭を分けれいれられるので、必要以上に小銭がたまることが少ないです。